トップページ>ライターになるために!>フリージャーナリスト 岩瀬達哉さんがおススメする3冊

ライターになるために!

 

フリージャーナリスト 岩瀬達哉さんがおススメする3冊

ライターを目指す人に読んでもらいたい/仕事の参考になった/人生を変えた、影響を受けた 本

 

フリージャーナリスト 岩瀬達哉さんがおススメする3冊

「ライターを目指す人に読んでもらいたい本」


フリージャーナリスト岩瀬達哉さんのおすすめ本
『ずばり東京』 開高健 光文社文庫

ルポルタージュとは何か。
どんな手法があるのか。
それらを楽しみながら学べる。


「仕事の参考になった本」

フリージャーナリスト岩瀬達哉さんのおすすめ本『マクナマラ回顧録 ベトナムの悲劇と教訓』
ロバート・S・マクナマラ作 仲晃訳 共同通信社

ベトナム戦争をめぐり、当時のホワイトハウスや議会、軍関係者の間で、どのような力学のもと、どんな議論が展開されたかが率直に語られている。
著者の歴史に対する姿勢にも感動させられた。

「人生を変えた、影響を受けた本」

『事実が「私を」鍛える』 斎藤茂男 岩波書店

それまでの取材姿勢を反省させられ、まさに以後の歩みを鍛えられた。



今回おススメしていただいた、岩瀬達哉さんの著作は・・・。

フリージャーナリスト岩瀬達哉さんのおすすめ本 『完全版 年金大崩壊』


講談社文庫

定価620円


岩瀬達哉さんプロフィール

和歌山県出身。1979年東洋大学文学部哲学科卒業後、編集プロダクション勤務を経て、1983年フリーライターとして活動を始める。年金問題や記者クラブ制度に代表されるマスコミの体質ついての報道を中心的に行っている。
宣伝会議 編集・ライター養成講座の講師の一人。

フリージャーナリスト岩瀬達哉さんが講師をつとめる編集・ライター養成講座

編集会議.comトップへ戻る

Backnumber

Backnumber一覧
 
 
Copyright (C) SENDENKAIGI Co.,Ltd. All Rights Reserved.