トップページ>ライターになるために!>散文家 前田巍さんがおススメする3冊

ライターになるために!

 

散文家 前田巍さんがおススメする3冊

ライターを目指す人に読んでもらいたい/仕事の参考になった/今読んでいる 本

 

散文家 前田巍さんがおススメする3冊

「ライターを目指す人に読んでもらいたい本」


『愛の試み』 福永武彦 新潮文庫

前田巍さんのおすすめ本

人間の愛と孤独について常に思索を重ねることは、ライターを志す人に必要不可欠なことです。
本書はそうした精神的営為に重要なサゼスチョンを与えてくれます。


「仕事の参考になった本」

『哲学案内』 谷川徹三 講談社学術文庫

前田巍さんのおすすめ本

谷川俊太郎の父、谷川徹三の本。
参考部分は、第一章「哲学と哲学すること」。
第三章「物を考えるとはどういうことであるか」。


「今読んでいる本」

『第三帝国の興亡(全5巻)』 ウィリアム・L・シャイラー 東京創元社

前田巍さんのおすすめ本

ヒトラーはなぜ、当時のドイツ国民をあれほど熱狂させたのか。
それを知りたいと思って読み始めました。
彼と同時代を生きた著者(米国のジャーナリスト)は、ナチス興亡の顛末を時には現場に立ち会って、リアルに伝えてくれます。
目下、第四巻を読書中。



今回おススメしていただいた前田巍さんの著作は・・・。

前田巍さんのおすすめ本
『文章のレッスン』

大修館書店

定価2,100円


前田巍さんプロフィール

電通コピーライター、シニアクリエイティブディレクター、京都精華大学講師、神奈川大学講師などを歴任。大学では広告論・文章論を講じる。
日本広告学会会員、東京コピーライターズクラブ会員。
また2002年より宣伝会議主催「文章表現力講座」専任講師をつとめる。

編集会議.comトップへ戻る

Backnumber

Backnumber一覧
 
 
Copyright (C) SENDENKAIGI Co.,Ltd. All Rights Reserved.