トップページ>ライターになるために!>続けられたのは、たくさんの良い出会いのおかげです。

ライターになるために!

 

続けられたのは、たくさんの良い出会いのおかげです。

山崎まゆみ / 温泉エッセイスト ④

 

ライターとして食べていくのは難しいといわれているなか、10年以上活動を続けられている温泉エッセイストの山崎まゆみさん。今回は山崎さんがここまで続けてこられた秘訣を伺いました。

山崎まゆみ / 温泉エッセイスト④

続けられたのは、たくさんの良い出会いのおかげです。


――フリーライターにとして必要なものは何でしょうか?

フリーライターとしてずっと残っていく方は、いい意味で器用な人じゃないですかね。
人にかわいがってもらう能力や、人とのコミュニケーションをうまくとれる能力だったり、さまざまなテーマも器用にこなしていかなければならないので。
バランス感覚の優れた人ですかね。

わたしはライター駆け出しの頃、お世話になった元『DIME』の編集者に、ライターのゴールは主にこの3つだから、見極めなさいって言われたことがあるんです。

・専門家になるか
・作家になるか
・編集プロダクションの社長になるか

専門家として残る場合は、やはり自分が邁進できるテーマを探さなければなりません。
作家になる場合は、自分を表現したいと強く思っていることが必要なのかな...。
編集プロダクションの社長になる場合は、経営力が必要になりますよね。
もちろんフリーライターとして、長年ご活躍の方も多くいらっしゃいますよ。

ただこのことを、はじめから言われていたので、ぼんやりと「わたしはどのタイプなんだろう」と考えてはいました。


――山崎さんはどのタイプだとご自身では考えられていますか?

専門家なのかな。
けれども、表現したいという気持ちも強く持っています。
わたしはフリーライターとして、残っているわけではないような気がするんです。
不器用だし、自分が興味があることしかできないし、我も強いし。。。(笑)

専門家というのも結果的にそうなった、というだけで10年前にはまったく想像できませんでしたよ。
やりながら見極めていったという感じですね。

わたしが残ることができた一番の要因は「めぐり合わせ」がよかったことだと思います。
いろいろな編集者の方々に出会い、かわいがってもらい、育てていただきました。
今も編集者の方々には本当にお世話になっています。

フリーライターであったわたしが、テレビで自分の名前の冠番組が持てるということも、テレビ局のプロデューサー、ディレクター、カメラマン、様々な方々との出会いがすべてです。

そうやって、ライターも様々な方に自分を生かせる場所を与えてもらうことによって、力がつくのではないでしょうか。
能力自体、駆け出しの頃はみんなどんぐりの背比べなのではないですかね。
その場所を与えられるのは、やっぱりどれだけかわいがってもらえるか、いい人間関係を築けるかなんですよね。

もちろん才能が秀でていて、それでやっていかれている方もたくさんいらっしゃいますよ。

ただわたしの場合は、自分の能力というよりも、めぐり合わせがよかったにつきますね。
先ほどお話した『DIME』の編集者の方にも、
「山崎さんの最大の才能はこれをやりたいと思ったときに、サポートしてくれる人に出会えることだ」といわれたことがあります。
一方で「その能力もいつまで続くかわからないから、しっかりがんばれ」とも。

わたし自身、まだまだ勉強不足なところばかりで未熟です。
でも様々な方々との出会いのおかげで、これまでやってこれたんじゃないですかね。

本当にたくさんの出会いがあって、今があると痛感しています。


(続きます) 第5回はこちら


プロフィール
フリーライターの仕事手帖:山崎まゆみ / 温泉エッセイスト④新潟県長岡市生まれ。
日本だけでなく世界中の温泉をめぐり、現在21カ国750箇所以上の温泉を訪ね歩く。
「温泉での幸せな一期一会」をテーマに、テレビやラジオ、新聞、雑誌などでレポートしている。
近著には『ようこそ! 幸せの混浴温泉へ』(東京書籍)、『だから混浴はやめられない』『ラバウル温泉遊撃隊』(ともに新潮社)など。
また、国交省が任命する「YOKOSO!JAPAN大使」の一人である。

山崎まゆみさんオフィシャルサイト 山崎まゆみのいい湯だな

山崎さんが混浴温泉の醍醐味を紹介する著作は・・・。

フリーライターの仕事手帖:山崎まゆみ/温泉エッセイスト④ 『だから混浴はやめられない』
新潮新書
定価:714円



宣伝会議 編集・ライター養成講座では
山崎まゆみさんを講師にむかえ、
無料体験講座を開催します!

日時:2月6日(土)14時~16時

詳細は、こちら からご確認ください。

編集会議.comトップへ戻る

Backnumber

Backnumber一覧
 
 
Copyright (C) SENDENKAIGI Co.,Ltd. All Rights Reserved.