2006年末企画!出版界総決算&大予測

【年末企画Vol.2】2006年新書トピックス+2007年は「選書」ブーム?

shinshos.jpg
年末企画第二回は、「新書」。
書店の話題書・新刊コーナーに新書が平積みされ、
売り上げランキングの上位に新書が登場するのも近ごろは当たり前。
今回は『編集会議』より、新書関連のトピックスを3本まとめてお届けします。

★2006年創刊新書リスト
★新書トピックス
★2007年は選書ブーム?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★2006年創刊新書一覧
○3月
ソフトバンク新書(ソフトバンク クリエイティブ)
Web2.0でビジネスが変わる

○4月
PHPビジネス新書(PHP研究所)
突破力! 仕事の「壁」は、こうして破れ


※7月号に編集長インタビュー掲載


○7月
MYCOM新書(毎日コミュニケーションズ)
Web2.0のビジネスルール

サンガ新書(サンガ)
頭のいい人の時間術

○9月
ゴルフダイジェスト新書(ゴルフダイジェスト社)
小娘たちに飛距離で負けないための授業―物理の力で宮里藍を抜け!HS40で250ヤード打法
※12月号に編集長インタビュー掲載

○10月
朝日新書(朝日新聞社)
ヒルズ黙示録・最終章
※11月号に編集長インタビュー掲載

○11月
幻冬舎新書(幻冬舎)
(近日創刊予定)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★『編集会議』新書トピックス
ヒット新書を生んだ著者・編集者らへの取材からは、
並々ならぬ努力とスピリットを感じます。
この1年での取材録、ダイジェストでどうぞ。

○新書ブームは書店店頭をどう変えたのか?(2006年12月号)
新書の売上は前年比で約130%の伸びを見せているという、丸善丸の内本店。
しかし、売れ筋の新書は「新書棚」以外の場所で購入されているのが現状。
売れる新書は棚に残るが、売れない新書はどんどん消える……
そんな二極化現象を取材しました。


○新潮社新書『人は見た目が9割』の著者が登場!(2006年6月号)
著者の竹内一郎氏は、漫画原作者「さい ふうめい」としての顔を持つ。
劇作家、演出家としても活躍しており、そのキャリアは30年近くにもなる。
多方面で活躍する竹内氏に、
人脈術と好感を持たれる「見た目」について編集者にアドバイスいただいた。


○巨人の宿敵、野村克也氏に『巨人軍論』を書かせた編集者とは?(2006年7月号)
「巨人のメークドラマは日本語で読んだら『負けドラマ』」。
野球人生で一貫して巨人をライバル視してきた野村克也氏が書いた新書、
それが角川新書『巨人軍論』だ。
この企画が実現した裏には、熱意と冷静な戦略で、
野村氏と交渉を進めたある編集者の姿があった。


○文春新書『グーグル』の著者が記者・編集者を経て、ライターになるまで(2006年8月号)
新聞社を退職して、出版社に再就職。
その後独立してフリーランスとなった『グーグル』の著者・佐々木俊尚氏。
フリーライターとして仕事をしていくには、自分にしかかけない分野を見定める
「マーケティング視点」が必要だったという。
佐々木氏はいかにして、自分にしか書けないマーケットを発見したのか?


○光文社新書『企画書は1行』の著者に聞く「タイトルもやっぱり1行がいい?」(2006年10月号)
シンプルながら心に突き刺さるタイトル『企画書は1行』。
「やりたいことを実現に結びつける企画書には、
相手の心を引き付ける一行がある」。
そんな同書も、著者・編集者による「タイトル」へのこだわりが見える。


○新潮新書『御社の営業がダメな理由』著者×編集者対談(2006年11月号)
企画の始まりは、
営業コンサルタントが書いたA4用紙4枚ほどの構成案だった。
それを見た編集者は「営業を知らない人にとっても面白い内容」
と魅力を感じ、本を作り上げていったという。
編集者の「企画実現力」が冴え渡った同書の誕生秘話に迫る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★新書ブームの次は、選書!?(2007年1月号掲載予定)
新書ブームに刺激され、後に続けと試行錯誤を試みているのが選書だ。
この数年でリニューアルが相次ぎ、
表紙に写真を使う選書が増えるなど変化の兆しが見られる。
2007年、果たして選書はブームとなるか?

この続きは『編集会議』1月号(12月1日発売)にてお届けします。

henshukaigi | 2006年11月17日 20:50

« 前の記事トップ次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.henshukaigi.com/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/72