トップページ>文章のための法律相談>文章のための法律相談 ビジネス編⑤ ~社内用資料~

文章のための法律相談

文章のための法律相談 ビジネス編⑤ ~社内用資料~

社内の会議用資料を、他社のWebサイト記事を使って作りたいと思います。今回の場合、Web上に公開したりするわけではないので、大丈夫ですよね?

自由に複製できるのは、あくまでも個人または家庭内のような閉鎖された私的な範囲における利用の場合、および学校その他教育機関において、授業に使用するために、先生や生徒が複製等すること、又は入学試験の問題として利用する場合のみです。
今回の質問にある会社などでの使用は、組織内部限りで行われるものですが、私的領域での使用という本来の趣旨・目的にそぐわないため、無断複製は許されません。

目安として、私的使用のためのコピー可否の事例を上げますので、参考にしてください。
○=通勤時に勉強のために読む
○=個人的に親しい勉強仲間5~6人に配布
○=自分用の参考資料として会社のディスクに保管
×=上司への報告内容を検討するための打合せ時に、部署内の数人に配布
×=社内会議で参考資料として配付
×=得意先に配布
「○」=個人的な使用であるため著作権者の許諾は不要
「×」=組織の一員としての使用であるため著作権者の許諾が必要

また「複製」に関連して、時々次のような解釈が話題になりますが、これらはいずれも誤解であり、認められていないので気をつけましょう。

×=非営利であれば、自由な複製は許される
×=ごく短時間の一度限りの使用ならば許される
×=会社などの研修施設における教育・研修目的での複製は許される


監修/宣伝会議 法務室

文章の法律に関して質問・疑問等ありましたら、お気軽に編集部(henshu@sendenkaigi.co.jp)までご連絡ください。お待ちしています。

編集会議.comトップへ戻る

Backnumber

Backnumber一覧
 
 
Copyright (C) SENDENKAIGI Co.,Ltd. All Rights Reserved.