トップページ>編集者になるために!>『森山大道、写真を語る』 森山大道

編集者になるために!

 

『森山大道、写真を語る』 森山大道

フォトグラファー 善本喜一郎さんがおススメする「写真を撮ることが、もっと面白くなる本」

 

フォトグラファー 善本喜一郎さんがおススメする
写真を撮ることが、もっと面白くなる本

『森山大道、写真を語る』 森山大道 青弓社

写真家善本喜一郎さんのおすすめ本

写真家、森山大道のインタビューと対談集です。

わたしは森山先生に写真の徹底した表面性を教えていただき、写真を撮るのが面白くなりました。
「量が質を決める」という教えにも従い、街角、路上に出てスナップ写真を撮りまくりました。
そこから選りすぐった写真をまとめブックを作り、それがいまの仕事に繋がっています。

この本を読むと、写真を撮るのがもっと面白くなります。
人生が楽しくなります。



今回おススメしていただいた善本喜一郎さんの最新のお仕事は・・・。

写真家善本喜一郎さん最新のお仕事

YEBISUビールスペシャルサイト

「Y列車で行こう」



善本喜一郎さんプロフィール

東京都生まれ。
東京ビジュアルアーツで森山大道、深瀬昌久に写真の面白さを学ぶ。
現在、日本広告写真家協会正会員、自身が所属するフォトスタジオKiPSYには多くの著名人がポートレイト写真を撮りに訪れる。
また、2008年より宣伝会議 編集・ライター養成講座の写真担当講師も務める。

善本さんのフォトスタジオ KiPSY HP http://www.kipsy.jp

善本さんが出版情報事業部部長を務める(社)日本広告写真家協会が東京都写真美術館にてAPAアワード2010を開催中。
詳細はhttp://www.apa-japan.com/award/index.htmlから。

編集会議.comトップへ戻る

Backnumber

Backnumber一覧
 
 
Copyright (C) SENDENKAIGI Co.,Ltd. All Rights Reserved.