トップページ>修了生レポート>ライター 竹田亮子さん

修了生レポート

 

ライター 竹田亮子さん

 

関西のグルメ情報誌『神戸ダイニング』やWebニュースのライターとして活躍する竹田亮子さん。人との縁が今の仕事に結びついたと語る竹田さんに、今回はお話を伺いました。

ライター・竹田亮子さん

――なぜ出版界を志したのですか?

小学生の時から本が好きで、大学では国文学科を専攻していました。
いろいろな文学作品を勉強する中で、「書き言葉は時代を超えることができる」ということを感じ、出版界に興味を持ちました。
特に人が生きた証を残すことができる、インタビュー記事をやりたいと思っていました


――大学卒業後は、関西にある出版社に勤務されていたんですよね?

はい。
小さな出版社で編集も、現場でのライティングも、とにかく何でもやっていました。
ポスターのデザイン制作までしたことがありますよ。
その会社は事情があって辞めてしまったのですが、やっぱり出版の仕事をしたいと思い転職活動を始めました。
でもなかなかうまくいかず、1年くらいグズグズしていたんです。
それで何かきっかけが欲しくて、編集・ライター養成講座に通うことにしました。
もちろんきちんと勉強したかったということもあるんですが、その時は、これでダメだったらあきらめようという気持ちで、受講を決心しました。


――講座に通って良かったと思うことを教えてください。

講師の方や同期の受講生と出会えたことは、心から良かったと思います。
「編集・ライティングを学ぶ」という目的の元に集まった仲間から刺激を受け、互いにスキルや情熱を高め合うことが出来ました。
この「縁」なしでは、今の私はないと思えるほど、大事な出会いです。


――出版界を目指す方へのメッセージをお願いします。

損得勘定を抜きにして、人と人とのつながりを大切にしていけば、そこからチャンスを得ることがあります。
「この人と付き合えば仕事につながりそう」という気持ちではなく、「この人のことをもっと知りたい」という、人に対する純粋な興味から始まる関係は、仕事でも、それ以外でも、継続的な関係を生むと思います。

編集会議.comトップへ戻る

Backnumber

Backnumber一覧
 
 
Copyright (C) SENDENKAIGI Co.,Ltd. All Rights Reserved.