トップページ>修了生レポート>クエストルーム 編集者・ライター 藤原朋さん

修了生レポート

 

クエストルーム 編集者・ライター 藤原朋さん

 

講座受講をきっかけに、カタログ・パンフレット制作会社から、編集プロダクションに転職し、メジャー誌を中心に活躍する藤原朋さん。今回は、大阪で活躍する藤原さんに、編集者を志したきっかけから、転職した経緯などを伺いました。

クエストルーム 編集者・ライター 藤原朋さん

――編集者を志したきっかけは何ですか?

昔から印刷物が好きだったので、雑誌に関わる仕事をしたいと思っていました。
ただ、大阪の地元で就職を希望していたので、新卒採用の就職活動の時には特に出版社を受けなかったんです。
当時は「雑誌(出版社)=東京」と、勝手に思いこんでいましたから。
とはいえ、やはり印刷物を扱う仕事がしたいと、大学卒業後は、大阪にあるカタログ・パンフレット専門の制作会社に就職しました。

制作会社では、カタログはもちろんパンフレットの企画・制作・取材など、ほぼすべてを行う「何でも屋」的な状態でした。
3年ほど働き、自分自身でもある程度納得できるものが作れるようになった頃、その中でも一番好きな「取材」をすることを、もっと追求したくなったんです。
社会人として周りが見えてくるようになると、大阪でも編集職があることがわかってきたので、転職を考えるようになりました。


――そんな時に、講座に興味を持ったんですよね?

はい。
駅に貼ってあった、編集・ライター養成講座のポスターを見て、転職のためのステップアップになると感じたんです。

実際に講座へ通ってみると、すでに編集の仕事をしている人やわたしと同じカタログ・パンフレットの仕事をしている人など、いろいろな職種の人がいて興味深かったです。
それに、仕事の現場では「見て覚える」ということが主流だったので、編集や制作について体系立てて教えてもらうとてもいい機会でした。

講座では課題もあり、仕事と両立できるか受講前は少し不安でしたが、たくさん書く場を与えてもらって、文章を書くことに対する抵抗感がなくなりよかったです。
それに、わたし締切がないと書けないんですよ(笑)


――転職活動時は、どのように考えていましたか?

1つの雑誌を作り続けるというよりは、いろいろな媒体の仕事がしたかったので、出版社よりも編集プロダクションに行きたいと思っていました。
さまざまな仕事内容や方法など、たくさんの経験をしてみたかったんです。
このことを講座の講師の方に言うと、逆に驚かれたりもしました。


――今の仕事に就くきっかけは何ですか?

講師の石原卓さん(クエストルーム)、稲田稔さん(クエストルーム)に、「手伝う?」と声をかけていただいたのがきっかけです。
お二人には講義とは別でお会いし就職相談にのってもらったんですが、ちょうど人手を探していたようでした。

入社して最初に携わったのは『るるぶ広島版』です。
その時は、編集補助としてアシスタント業務でしたが、今ではライターとしても記事を書かせてもらっています。
他には、『Lei wedding』の特集ページを担当しています。

前職では、あらかじめキッチリと決められたレイアウトや素材の場所に、写真や文字を入れていました。
しかし、現在は『るるぶ』などの旅行情報誌を制作しているときに、現場で判断することも多く、臨機応変さが求められます。
入社当初は戸惑いましたが、転職して1年、それが面白くなってきました。

また、仕事をするときには「ま、いいか」と思わないように心掛けています。
仕事に慣れてくると、ついつい妥協してしまうことが出てきてしまうんです。
ただ、そうすると自分の経験や成長にならないので、つねに工夫の余地がないか考えるようにしています。


――最後に、未経験から出版界を目指す方にメッセージをお願いします。

「経験がない」と悩むより、とにかく動いたほうがいいと思います。
私自身、講座で講師の方に相談したことが、今の仕事を得たきっかけでした。
ささいなことで立ち止まってしまうよりは、いろいろ挑戦していくと次が見えてくるんじゃないでしょうか。

編集会議.comトップへ戻る

Backnumber

Backnumber一覧
 
 
Copyright (C) SENDENKAIGI Co.,Ltd. All Rights Reserved.