旬な作家にインタビュー

トップ » 旬な作家にインタビュー » 編集会議11月号に作家の誉田哲也さんが登場!

編集会議11月号に作家の誉田哲也さんが登場!

みなさん、こんにちは。
10月1日発売の『編集会議』11月号には
『ジウ』や『ストロベリーナイト』など、
女性警官が活躍する警察小説で人気の作家

誉田哲也さんが登場します!

新鋭の警察小説の担い手として書店から注目されている誉田さんが、
昨年から挑戦しているのは、
「剣道」をテーマにした青春エンターテインメント

『武士道シックスティーン』
>武士道シックスティーン

性格も考え方も正反対の少女たちが「剣道」を通じて出会い、
苦悩を乗り越えながら成長していきます。
今年7月には第2弾の『武士道セブンティーン』が刊行されました。

武士道セブンティーン

今回は、前作で友情を育んだ2人の少女、香織と早苗のうち、
早苗が家庭の事情で転校してしまうところから物語が始まります。
前向きに剣道に取り組む2人の主人公の姿に、
「元気をもらえること間違いなし!」の作品です。

そんな誉田さんとのインタビューの様子を、
ちょっとお伝えします。


■誉田哲也さんにQ&A■

Q1
方言の描写で、取材の際に工夫したことは?

A1
実際に福岡の高校で、剣道部の女の子たちにアンケートを実施。
福岡弁の一覧表を作り、その場で配って
「よく使う」から「知らない」までの五段階で評価してもらいました。


Q2
剣道の試合の勢いを表現するために意識していることは?

A2
試合が始まってから剣道の細かいルールなどを説明すると、
試合のスピード感が損なわれるので、
そういったものは普段の稽古の中などで説明し、
スピード感を感じて読んでもらいたいところは、
短い文章で歯切れよく書くようにしています。


『編集会議』では、アンケートにお答えいただいた方に
誉田哲也さんのサイン本があたるキャンペーンを行っております。
ご興味を持った方はぜひ、誌面アンケートにご協力ください☆
応募はこちらから!
>>http://www.sendenkaigi.com/hanbai/magazine/henshukaigi/enquete.html


henshukaigi | 2008年10月 1日 14:16

« 前の記事トップ次の記事 »

教育講座

カテゴリー