出版界ニュース&トレンド

トップ » 出版界ニュース&トレンド » 2006年の雑誌広告費は3887億円、前年比98.5%に 

2006年の雑誌広告費は3887億円、前年比98.5%に 

電通は2月20日、2006年の日本の広告費を発表した。全体では5兆9954億円と前年比0.6%増となったが、雑誌広告費は3887億円で前年比98.5%に。雑誌に肉薄するインターネット広告費は3630億円で、前年比129.3%だった。このほか新聞広告費が9986億円(前年比96.2%)、テレビ広告費は2兆161億円(前年比98.8%)となっており、マスコミ四媒体の広告費は2年連続して前年を下回った。

雑誌広告を業種別に見ると、構成比の高い「ファッション・アクセサリー」「化粧品・トイレタリー」「交通・レジャー」「精密機器・事務用品」などは増加したが、「情報・通信」「流通・小売業」「自動車・関連品」「趣味・スポーツ用品」などは前年割れとなっている。

またジャンル別では、「女性誌」「ミセス誌」「育児誌」「ヤング男性誌」「アダルト男性誌」が増加に。「番組・都市型情報誌」「一般週刊誌」は前年に引き続き減少した。

なお2006年は休刊誌数が創刊誌数を上回り、創刊による押し上げ効果が縮小した。
主な休刊誌は以下のとおり。
・メイプル(集英社)
・30ans(アシェット婦人画報社)
・ef(主婦の友社)
・bis(光文社)
・VS.(光文社)
・Caz(扶桑社)
・SPORTS Yeah!(角川クロスメディア)
・relax(マガジンハウス)
・AB-ROAD(リクルート)
・Asahiパソコン(朝日出版社)

関連記事
■2006年創刊雑誌&編集長リスト
http://www.henshukaigi.com/soukan06.html
■2007年春、創刊雑誌リスト
http://www.henshukaigi.com/uragawa/2007anecan.html

henshukaigi | 2007年2月21日 13:35

« 前の記事トップ次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.henshukaigi.com/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/118

教育講座

カテゴリー