編集・ライター養成講座だより

トップ » 編集・ライター養成講座だより » 編集・ライター養成講座にダイヤモンド・ビッグ社社長・西川敏晴氏が登場

編集・ライター養成講座にダイヤモンド・ビッグ社社長・西川敏晴氏が登場

みなさんこんにちは、編集・ライター養成講座事務局の山崎です。

9月7日金曜日、編集・ライター養成講座の東京教室では、
ダイヤモンド・ビッグ社代表取締役社長、西川敏晴氏が登場。

B06 地球の歩き方 ニューヨーク 2007~2008 A06  フランス―2007~2008 (地球の歩き方) D28 地球の歩き方 インド 2007~2008 (地球の歩き方 D 28)

西川氏は、『地球の歩き方』創刊メンバーのひとり。
その後長らく『地球の歩き方』の編集長を務められ、
現在は発行人、経営者としてご活躍されています。

今回の講義では、

『編集者もライターも仕事の基本はマーケティング力』

というテーマでお話いただきました。

「面白い企画」を、本という「商品」に仕立て上げるのがプロの仕事。
しかし、編集者がいかに「この企画は面白い!」と思っていても、
最終的に面白いか否かの判断をするのは読者の主観です。

そうなってくると、編集者が独自に判断した「面白さ」に頼り切ってしまっては心許ない。
そこで大切になってくるのが「マーケターの視点」だと西川氏。

「例えば『地球の歩き方』の場合、トラベル市場と類書の
ガイドブックが現状どのような状況であるかを、まず一番に考えますね」。

企画を立ち上げる最初の段階で、市場や競合誌などを分析し
発行しようとしている本のポジションを明確にすること、それが大切なんですね。

講義では実際に、企画意図、市場及び予算、勝算の見込みなどを
詳しく分析した上で作り上げた

クロアチア (地球の歩き方 GEM STONE 7)

『地球の歩き方 GEM STONE クロアチア 世界遺産と島めぐり』
を具体例にお話いただきました。

現在、卒業制作に取り組んでいる受講生のみなさんは、
自分の企画をさらにブラッシュアップするため、真剣な眼差しで西川氏の話に耳を傾けていました。
講義終了後には、西川氏への長い質問の列ができていました。
最後の最後まで、熱気に満ち溢れた講義となりました。

henshukaigi | 2007年9月18日 11:00

« 前の記事トップ次の記事 »

教育講座

カテゴリー