注目のイラストレーター

トップ » 注目のイラストレーター » イラストレーター通信 今井有美氏

イラストレーター通信 今井有美氏

今井有美氏
Imai Yumi
http://www.imaiyumi.com/

プロフィール)
名古屋芸術大学(日本画専攻)を卒業後、広告制作会社で企画ディレクターを務める。
約3年で退職し、フリーでWebやイベントのディレクションを手掛けるも、結婚を機に専業主婦に。
2003年からフリーのイラストレーター。


自分にしか描けない絵で勝負したい

専業主婦からフリーのイラストレーターに転身した今井有美氏。
そのきっかけとなったのは、夫からのこんな一言だった。

「絵が描けるんだから描けば?」。
もともと名古屋芸術大学で日本画を専攻していた今井氏だが、
卒業後は広告制作会社に就職。企画ディレクターの仕事に就いたが約3年で退職。
その後はフリーのディレクターとして活躍し、結婚した。

「ディレクションという仕事に行き詰まりを感じ、結婚を機に専業主婦になりました。
でも大学で日本画を学んでいたこともあって、主人の言葉をきっかけにイラストレーターとして
活動することにしました」(今井有美氏)。
 
活動を開始して約3年、今井氏は周囲から「絵が安定している」と、
デッサン力や写実描写力を評価されるという。
今年の7月には初となる個展を開催。
さらにはこの個展作品を見たOPA galleryのオーナーから、
9月に青山で行われた企画展「女を描く Five female illustrators」 に出展しないかと誘われた。

「5人の女性イラストレーターが女を描くという共展だったので、
先輩の作品を身近で見ることができました。
また、普段の仕事とは違うプレゼンテーションの仕方を勉強できたり、
たくさんの収穫がありましたね」。

少しずつ仕事の幅を広げてきた今井氏の憧れの仕事は、小説本などの装画を描くこと。
仕事があるだけで嬉しいと思える時期もあったというが、
経験を積んだ今は、ジャンルにはこだわらず、
「自分にしかできない仕事」を続けていきたいと意気込みを語った。

henshukaigi | 2006年12月27日 15:55

« 前の記事トップ次の記事 »

教育講座

カテゴリー