注目のイラストレーター

トップ » 注目のイラストレーター » イラストレーター 牧かほり氏

イラストレーター 牧かほり氏

イラストレーター通信

牧かほり氏
Kahori Maki

maki.JPG
ph Becky Yee
「コムデギャルソン2005秋冬コレクション」での作品

(プロフィール)
1969年埼玉県生まれ。日本大学芸術学部卒業後、92年に渡米。Art student league of NYでFine Artを学ぶ。94年に帰国し、フリーに。

イラストが壁・ゆか・天井にびっしり、異空間を演出

 墨を巧みに操る牧かほり氏の作品は、観る者を飲み込む強さと墨の持つ美しさを感じさせる。 92年に日本大学芸術学部を卒業後、NYのアートスクールでファインアートを学び、94年に帰国。自主制作に力を注ぎ、翌年から個展を開催。これまでに、『ヴォーグ ニッポン』、『ハーパース・バザー日本版』等のファッション誌に作品を掲載したほか、セルリアンタワーの壁画も担当した。
 雑誌・広告界での活躍をみせる一方で、牧氏は、歌手bird氏のライブステージの演出や資生堂エステサロンのビジュアルも手がけており、舞台美術や空間演出も得意とする。2005年には、コムデギャルソンの秋冬コレクションのデザインにも参加。デザイナーの川久保玲氏からもらった”強い女性”というキーワードをヒントに、出来上がった服一つひとつにペイントを施したという。
 昨年11月に表参道のvoid+で開催した個展『箱庭』について、牧氏は「2m×3mという小さな空間で、壁・ゆか・天井にびっしりとイラストを貼り込み、異空間を演出しました」と語る。 
今後は、アニメーション作品を制作する予定もあるという牧氏に、更なる活躍が期待される。

henshukaigi | 2006年3月24日 11:33

« 前の記事トップ次の記事 »

教育講座

カテゴリー