注目のイラストレーター

トップ » 注目のイラストレーター » イラストレーター 手塚リサ氏

イラストレーター 手塚リサ氏

イラストレーター通信

手塚リサ氏
Risa Tezuka

(プロフィール)
1975年ニューヨーク生まれ。96年、武蔵野美術大学短期大学部卒業後、ハッピー・バースディ・カンパニーに入社。04年からフリーで活動中。
http://homepage3.nifty.com/risa-lisa/


soupopera.JPG
阿川佐和子著 『スープ・オペラ』の装画

手触りや温かみを感じる手塚リサ氏のイラストは、一見、版画のようにも見える水彩紙のアルシュにアクリル絵の具を使って筆で描いている。
「もともと古いものが好きで、リトグラフのポスター印刷に憧れていたんです」とイラストを描きはじめた当時を振り返る手塚氏。

大学卒業後、ハッピー・バースディ・カンパニーに入社。そこで、イラストレーター、ADとして多くの作品を手掛ける唐仁原教久氏に教えを受ける。
1998年から個展の開催をはじめ、99年に「HBファイルコンペvol.10」木村祐治大賞、2004年には「東京イラストレーターズソサエティ(TIS)公募」プロ部門銀賞の受賞など、精力的に活動し現在はフリーに。出版物の仕事が増えているという。最近では、阿川佐和子氏の長編小説『スープ・オペラ』の装画を担当した。
「ほっこりとした和やかな作品に引き合わせていただくことが多く、、幸せな気持ちで制作しています。手にとる側に立ったインスピレーションを大切に表現したいです」と手塚氏。今後はミステリアス、セクシーなど、いろいろなテーマで描いていきたいという。

henshukaigi | 2006年3月 7日 10:32

« 前の記事トップ次の記事 »

教育講座

カテゴリー