その他の過去記事

トップ » その他の過去記事 » 教えて!おすすめ洋書

教えて!おすすめ洋書

紀伊國屋書店 洋書部 角モナ氏
おすすめの1冊


外国風景写真は常に人気のある分野です


キャプション:

Napoli.: La Citt E La Musica
Napoli.: La Citt E La Musica
posted with amazlet on 06.05.29
Cadera Dax
Edel Classics Gmbh (2006/02/28)
売り上げランキング: 258,894

ドイツのハンブルク市にある音楽会社Edel Musicは、数年前から出版業に乗り出した。新設された出版部門のコンセプトは「耳+本」。EarBooksというストレートな名前で呼ばれ、写真集のシリーズを次々と発売している。

EarBooksの写真集は皆、レコード盤のような真四角の形で、本のテーマに沿った音楽CDが付いている。例えば本書、『Napoli: La citta e la musica』は、ナポリ市の風景や人物の写真がページいっぱいに広がっていて、イタリアン・ポップスやカンツォーネが収録された音楽CDが表紙の裏に4枚はめ込まれている。その土地の音楽を聴きながら写真を眺め、まるで旅行するような気分を楽しみましょう、というわけだ。
写真が訪れるのは観光名所ではない。裏通りで新聞を読むおばさん、果物店、バイクで渋滞する道や海の夕日など、バラバラのシーンなのだが、見事にナポリの日常を切り取っている。まるでこの目で映像を見ているかのように、音楽と写真でナポリを表現しているのだ。
では、なぜこの商品は映像ではないのだろう? 音楽とビジュアルの組み合わせならDVDでも可能なのに。だがこの時代にあえて「本とCD」という体裁をとっている辺りに好感が持てる。初めから動く映像を提供するのではなく、読者の想像の中で音楽と写真を組み合わせて映像を作るという作業自体を楽しむ、また楽しませることを考えている気がするからだ。 
このシリーズには他にキューバの写真とラテン音楽を組合わせたもの、リオのカーニバルで踊る女性たちの写真とサンバを組み合わせたものなど多数あるが、全てクオリティの高い作品となっている。

henshukaigi | 2006年5月29日 09:53

« 前の記事トップ次の記事 »

教育講座

カテゴリー