その他の過去記事

トップ » その他の過去記事 » 教えて!おすすめの洋書 DICTATOR'S HOMES

教えて!おすすめの洋書 DICTATOR'S HOMES

DICTATORS' HOMES
著者 PETER YORK
出版社 ATLANTIC BOOKS, UK

yousho.bmp


紀伊國屋書店 洋書部 角 モナ氏おすすめの1冊

恐ろしいけど、のぞいてみたい
独裁者の家の中

 海外のインテリアブックを見ると、うっとりするような写真が並んでいるものだが、『独裁者の家』は異色の1冊。レーニンやヒトラー、フセインなどの近現代の独裁者16人が実際に暮らした部屋を写している。インテリアブック風に「独裁者スタイルの住まい・10カ条」というコーナーまである。

 独裁者の多くは生まれが貧しく、リッチな暮らしといえばホテルを連想するそうだ。出来上がった豪邸は、お金がかかっているが安物ホテル風である。例えばイメルダ・マルコスのゴージャスな寝室にはシャンデリア2台と天蓋付のベッドがあり、ルイ王朝風の花瓶とハープがアクセントとなっている。
 また、ルーマニアのチャウシェスク元大統領の人民宮殿は、工事関係者2万人を使って建てられた巨大なビル。余りに広いため、彼が立場を追われて民衆に殺された時も未完成だったという。
 本書に登場するのは虐殺や圧制、横領や拷問などで知られる容赦ない権力者たち。
「ヒトラーの別荘にはすごい特徴があるのでは、と期待しましたが意外にインパクトに欠けていて驚きました。著者はこれを“田舎のイギリス人並み”と一刀両断しています」と紀伊國屋書店 洋書部 角 モナ氏。
 一風変わったこんな本、読むだけでなく部屋に飾れば、ユニークなアクセントになりそうだ。

henshukaigi | 2005年12月 2日 09:48

« 前の記事トップ次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.henshukaigi.com/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/18

教育講座

カテゴリー