その他の過去記事

トップ » その他の過去記事 » 【年末企画最終回】2007年、創刊雑誌編集長に聞くキーワード

【年末企画最終回】2007年、創刊雑誌編集長に聞くキーワード

早いものでこの編集会議ブログの年末企画も最終回を迎えました。
締めくくりはやはり来年のおめでたい話題で・・・ということで、
2007年に創刊する新雑誌の編集長の皆さまに、
来年のキーワードを色紙に書いていただきました!

1 KI&Conpany『Zino(ジーノ)』田上美幸編集長
zinos.jpg

2 LA CACHETTE『ヌメロ トウキョウ』田中杏子編集長numeros.jpg

3 エスクァイアマガジンジャパン『Dear(ディア)』富川淳子編集長
dears.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1  脱・「ただのお金持ち」
ラグジュアリー商品の購買意欲が高い30~50歳代の男性富裕層をターゲットとした『Zino』。元『LEON』編集長の岸田一郎氏が独立し、2007年3月に創刊となる。すでに2006年11月からWEBマガジン「@ジーノ」は配信スタートしている。

「経済力があるからといって高いモノばかり身に付けるのはヤボったい。そんな価値観が、最近になってようやく生まれてきたと思います。『Zino』では単に高額な商品を紹介するのではなく、世間一般とは違う視点で新たな価値付けを行うことで、“隣のただのお金持ち”を出し抜くような新たな消費活動のブームを起こしていきたいと考えています」(KI&Conpany『Zino』田上美幸編集長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2 
フランス発のモード誌『ヌメロ』の日本版が2007年2月に創刊となる。世の中に対する意識が高く、自分のスタイルを確立している女性。年齢でのターゲティングは特になし。「毒抜きされたモード誌はもういらない。毒は、本質にこそ宿る」という強烈なメッセージを発信していく。

「後の世に残るほどの優れた芸術家の作品には、必ずエロティシズムやダークサイトといった闇の部分が存在しています。こういった闇の部分こそが作品を生み出すエネルギーであり、『ヌメロ トウキョウ』が考える『毒』なのです。物事の側面や裏に潜むディープな部分を知ることによって、モノの存在意義や価値が、違う角度から見えてくるということを伝えられる雑誌にしたいですね」(LA CHETTE『ヌメロ トウキョウ』田中杏子編集長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Smart Beauty
『エスクァイア日本版』創刊20周年を記念し、パートナー雑誌として創刊される『Dear』。しなやかに、「スマートビューティー」でありたいと願う30代の女性がターゲット。扱うジャンルは美容、ファッション、旅、健康、カルチャーなど幅広い「ビューティーライフスタイル誌」を目指す。

「トリノ五輪金メダリスト・荒川静香選手を観たときに、ただきれいなだけでなくて、生き方がしなやかだと思った。今の若い女性にとって彼女は、『ああいう生き方いいよね』『なんか尊敬できるよね』と思える存在。女性が社会で活躍するにはまだ多くの困難がありますが、その苦労は皆同じ。それをしなやかにナチュラルにこなしている女性が増えてきた。時代の変化を感じますね」(エスクァイアマガジンジャパン『Dear(ディア)』富川淳子編集長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

編集長三氏へのロングインタビューは、2007年1月号の『編集会議』をご覧ください☆

これにて、編集会議ブログでの年末限定企画「出版界総決算&大予測」は最終回となります。
当ブログでは来年も、編集・出版界に役立つ情報を発信してまいります。
さらに、12月28日には2月号も発売となりますので、引き続き宜しくお願いいたします!

henshukaigi | 2006年12月25日 14:58

« 前の記事トップ次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.henshukaigi.com/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/87

教育講座

カテゴリー