出版社に入る! 編集者になりたいあなたへ

トップ » 出版社に入る! 編集者になりたいあなたへ

最終回

出版社に入る! 編集者になりたいあなたへ。編集の仕事をしてみたい、でもその実態は......?編集者を目指す学生さんからの疑問に、『働く、編集者』の著者であり、『週刊現代』前編集長・加藤晴之さんに答えてもらいました。

Q5
これから編集者を目指す人たちへのアドバイスをお願いします。


A5
わたしが『週刊現代』で編集次長をやっていたころ、バブル経済がはじけて、イケイケの潮があっという間に干上がると、これまで水面下に隠れていたヤクザや詐欺師の経済犯罪や大銀行の悪事が次々と発覚した。

就職戦線も激変、ディスコ(クラブ↑とはまだいわなかった)で扇子をもって踊り狂っていても、バンバン企業から内定をとりつけることができた超売り手市場から一転、いまのような氷河期=超買い手市場に変わった。

そんな端境期に入社してきた新入社員の前で、中堅社員として自身の体験を語り、新入社員の質問をうけたことがある。

その日は締め切りで完徹(完全徹夜)。「このクソ忙しいのに、朝から、右も左もわからんヒヨコ連中に話するの、ったるいなー。でも、かわいい女子はいるのかなー」ぐらいの気分でのぞんでいたのか、ぼーっとしていて、自分がどんなことを話したのかまったく記憶にない。

たぶんテキトーにきれい事をならべて、3K職場(って死語ですかコレ? 意味は調べてください)の『週刊現代』を、とても働きがいのあるところだと力説したことはしたんだろう、いまでもなぜか覚えているのが次のような新入社員の質問だった。

新入社員「編集現場のお話を楽しくお聞きしたのですが、配属先が、自分のやりたい仕事とはまったく違う部署で、おまけに、そこがすごくヤなところで、ろくな先輩もいない。そんな場合どうすればいいんでしょう?」

なんともナメたガキ、もとい、元気な新入社員だ。だいたい会社に入れただけでもありがたいと思えよ、それに、週刊誌なんだからヤなことあるの、当然でしょ。きついし。基本的に先輩なんてロクなもんじゃないし、甘ったれたことゆーんじゃないよ、配属先だって、希望が叶わないなんて当たり前じゃん、俺もそーだったし。と不快な気持ちになったのは、一方で、この質問が先輩社員の「いい話」の偽善的な急所を突き、本当のところはどうなんですか? と迫っていたからかもしれない。

で、どう答えたか?

わたし「配属先が希望と違うのはよくあること。しかし、そこがどんなところであろうとも、その職場で一生懸命仕事をすればいい。編集の仕事のみならず、社会人になることを登山にたとえれば、とにかく、登ることだ。山の麓には頂上にたどり着く、いろんな登山口がありルートがある。歩き始めたころは、いったい自分がどんなところにいるか、ほんとにこの道でいいのか、なんてさっぱりわからない。途中で道が崩れていたり、川に橋が架かっていないなんてこともあるだろう。でも、3合目、4合目と登って行くうちに、ふと立ち止まって周りを見ると、急に視野が開け、眼下に下界のパノラマが広がっている。
さらにどんどん登って行けば行くほど、いろんな登山口から登って来た人たちと、合流したり、お互いの来し方を相手を思いやりながら振り返ることができるし、わかりあえてくる。また、これからの行く末についても、まったく違うバックグラウンドをもちながらも考え方を共有できるものだ。だから、大切なのは、立ち止まらないこと、躊躇しないこと、前に進むことじゃないだろうか」

はたして質問の主は、納得したのかどうか、それはいまだにわからない。たとえ話で煙に巻いたのは、年の功、だけど、いまでも新入社員に同じ質問をされたら同じ答え方をするだろう。
「若い駆け出しのころ、コピー機やファクスなど事務機器を取り扱うリース業者から、売り上げを伸ばすにはどうしたらいいか相談をうけた」体験話を、誰もが知っている外資系のコンサルティング会社につとめていた知人から聞いたことがある。
切れ者なのだから、その会社の財務分析をやったり、社内ヒアリングなどして、ソフィスティケイトされた回答をしたんだろうと思っていたら、意外なことを口にする。
「じっさいにリースの得意先を回って、事務機器の営業をしたんですよ。そしたら20%くらい売り上げが伸びた」
では、どうやって伸ばしたのか? その方法というのは、魔法でもナンでもなく、どぶ板営業をやって、得意先の社長や社員と仲良くなることだったという。あえて戦略とよべるものといったら、得意先と親しくなってライバル会社のリース契約の期限を聞き出して、契約の切れる直前に、集中して新機種の売り込み&サービス&ほほえみ攻撃をしたことだというのだ。
外資系の花形職業、それも、数ある横文字企業のなかでもスマートなイメージのある元コンサルタントのエピソードは示唆に富む。
事務機器リースの熾烈な競争現場に、バツグンの頭脳をもっていても社会経験の希薄な男性が、「売り上げを伸ばす」というテーゼを机上でたてた策で解決しようとしたら、おそらく文字どおり、それは机上の空論になっただろう。
学校の勉強、机上では考えられないことがたえず起きるのが現場というものだ――わたしが感心したのは、彼のバツグンの頭脳は、ここでも正しい判断をした、つまり、まず現場に飛び込んでみる、というインテリにはそぐわない野蛮な方法を彼は選んだのである。
たぶん「若い」ということでいちばん大切にしなければならないことは、野暮を承知で野蛮なことを野外でやることではないだろうか?

つまり、本来、仕事というものは、社外に出て、たえず考え方の違う(つまり得意分野の違う)未知の人々と出会い、考え方をぶつけあい、新しいビジネスを手探りで開拓していかなければならないのではないだろうか。おそらく周囲を見渡せば、社内で、スマートに、無難なことをやっている先輩がたくさんいるだろう。それだけではない、自分自身も気がつくと、いつもと同じメンバーで、同じような仕事をしていて、たえず社内の軋轢を避け、社内政治と根回しに一日の大半を使っている――そんなことをやっていると、会社はやがて、下降の一途を辿り、業績は回復するどころか、悪化の根本原因を解決できないまま、無理なコストカットを繰り返し、製品は劣化し、売り上げは下がり続け、あげく社員同士その責任をなすりあい、内部から会社も社員も腐敗、崩壊していくだろう。

野蛮なことを野暮を承知で--いまの日本を見渡してみても、かつてのホンダやソニーのような、ダイナミックなことをやって、日本人を元気にしてくれる会社があんまりないように思うのは、わたしだけだろうか。日本の社会、あるいは日本の会社そのものも、野蛮で野暮なことを承知で果敢に挑戦していく精神を失ったのではないだろうか。たとえば、ソニーはウォークマンを世界中でヒットさせたのに、MP3プレーヤーをiPodに席巻されてしまったなんて、昔のソニーでは考えられないのではないだろうか?

昔のソニーなら、いまどんなものを作っているだろうか? 化石燃料の価格の乱高下、地球温暖化、不景気などなどで、自動車会社各社が低燃費なエコカーにとりくんでいるけれど、かつてのソニーなら、いまごろトヨタやホンダを出し抜いて、高性能な電気自動車を開発した、などという、とんでもなくエキサイティングなことをしてくれているかもしれない。というか、そうあってほしかったのだけど、現実のソニーは、大リストラの真っ最中なのだ。

だからこそ、この閉塞感に満ち満ちた不幸な時代は、いまの若い人にとっては大チャンスなんだ、と思う。あなた方の先輩たちは、みんなとっくのとうに「若さ」を失っている。おそれることはない。堂々と愚直に、野蛮で野暮なことを、刺激的な未知な人たちとの出会いを大切にして、実行すればいい。

でも、「若いうちは愚直に生きることが、大切だ」と説かれてみても、本当なんだろうか? と思うのも無理はないだろう。そんなことをしても、自分の才能を開花させ、自分を成長させることにつながらないのではないか、と。

「生まれつきの天才はいない」

最近、いっしょに仕事をしている、経済評論家・勝間和代さんが翻訳しているアメリカのミリオンセラー『Outliers 』(邦題『天才!』・講談社から5月発売予定)という本のキーメッセージである。

天才と呼ばれるスティーブ・ジョブズやビートルズも、彼らが成功したのは、毎日、練習を続け、人前で披露し続けたからであり、おおよそ「1万時間」の反復練習があって、はじめて才能は開花するものだとか。

おそれ多い天才たちほどでなくても、才能というのはおそらく野暮な練習を繰り返すことで作られるものだ、と、わたしは自信をもって断言できる。

愚直に努力することができる、というのも才能のうち、というか、これがいちばん大切な才能で、わたしの周囲を見わたすと、このいちばん大事なことができない、編集者やライター=書き手の方々が多いのも事実なのだ。


(加藤 晴之)



編集者になるために何をすべきか。もっともっと知りたい!というあなたには、『働く、編集者』第8章「週刊誌はどのように毎週作られているか」がおススメです。<br />
週刊誌とスキャンダリズムについて書かれています。

第4回

出版社に入る! 編集者になりたいあなたへ。編集の仕事をしてみたい、でもその実態は......?編集者を目指す学生さんからの疑問に、『働く、編集者』の著者であり、『週刊現代』前編集長・加藤晴之さんに答えてもらいました。

Q4
加藤さんが、編集の仕事をずっと続けていられるのはなぜですか。


A4
うーん......。
「ずっと続けていられる」、たしかにずっと編集の仕事をしてきたんですね。

つまり、その、このご質問を頂戴して、「そっか、出版社に入ってからずーっと編集の仕事をしてきたんだな」とあらためてびっくりするというのか、あっという間に29年もの歳月が経ってしまい、まだまだ修行が足りない、勉強が足りないという後悔ばかりというべきか慚愧の念にたえないといったらいいのか......。

ただ、編集者をやってきた人生30年がとても短く感じられるのは、たぶん、この仕事が大好きだからなんでしょうね。もちろん楽しいことばかりではなくて、つらいこと、不愉快なこと、他人に迷惑をかけたこと、失敗や間違いを犯したことも数知れず、それでもなお、臨終の際に「生まれ変わったら、もう一度編集者をやりたい」といいそうな気がしています。

なによりも編集者という仕事をしたおかげで、右も左もわからない若造が、先輩記者、カメラマン、ジャーナリスト、小説家、あるいは、犯罪者、警察官、女優、風俗嬢、いろんな人々と出会い、人生の山や谷を越えて一人前になれたような――そんなビルドゥングスロマン(成長物語)を生きてきたように自分の半生をなぞれるような気がします。

仕事というものは、人を育てる、成長させることができる――言い換えれば、いまの仕事が、あるいはいまの職場が、自分を育ててくれているという実感があれば、それは正しい職業の選択をしたといえるのではないでしょうか。


(加藤 晴之)


編集者になるために何をすべきか。もっともっと知りたい!というあなたには、『働く、編集者』第8章「週刊誌はどのように毎週作られているか」がおススメです。<br />
週刊誌とスキャンダリズムについて書かれています。

第3回

出版社に入る! 編集者になりたいあなたへ。編集の仕事をしてみたい、でもその実態は......?編集者を目指す学生さんからの疑問に、『働く、編集者』の著者であり、『週刊現代』前編集長・加藤晴之さんに答えてもらいました。

Q3
週刊誌の命はネタ、だと思います。
ネタを集めるために、加藤さんが若手時代に実践してきたことは何でしょうか。


A3
たしかにそのとおり。
週刊誌の編集者のみならず、なべて編集者の命は、企画=ネタです。

週刊誌の編集部は、実践を通じて編集者を鍛え上げるのに、これ以上はない格好の現場ですが、ネタを集めるということでもこんな苛酷な現場はないでしょうね。なんせ、事件・特集の記事を現場に行って取材する、コンビを組む記者の方にディレクションを出す、はたまた取材のための資料を集める、その一方でコラムの原稿を作家の方からいただく、といったことを常に並行してやりながら、かつ、次週のプランを最低でも十本は企画会議にださなければならないのだから。よくもまあ、そんなことやっていたなと思います。

いちばん忙しい頃の僕の場合、作家の渡辺淳一さんのエッセイ、お笑いコラム(複数の作家、エッセイスト、ライターの方々の原稿からなる)などがまず連載としてあり、それに、硬派のルポライターである溝口敦さんの短期集中ノンフィクションを抱えていて(ここまでは毎週泣こうがわめこうがやらなくてはならない)、さらに、特集記事を一、二本担当していたように思います。そして、これにくわえてプランのための取材をしなければならないわけです。

いったいどうすればいいのか? 複数の先輩から教えられた、企画の秘訣は、「プランは考えるものではない。人から盗むものだ」ということ。

わかりますか? 

つまり、人から話をきけ、ということなんです。自分の頭の中でうんうんうなっていても、たいしたアイディアがでるものではないし、だいいち、週刊誌の命である、ネタの鮮度というか、なまなましさがない。

ネタはなんでもいいんです。

たとえば、食品による健康被害の問題に興味があるとします。学者さん、研究家は、真剣に取り組んでいる方なら、当然一家言あるし、問題をわかりやすく解説してくれるので最初のあたり先として最適です。そしてその方が「ホンモノ」ならば、必ず研究のためフィールドワークしているわけだから、被害にあった一般市民とも親しいはず、被害の当事者になった方を紹介してくれるかもしれない。そうやって次々にネットワークを拡げていくと、人体に有毒な加工食品を流通させてしまったのに、そのことを隠蔽している企業の社員からそっとホントの話をきけるかもしれません。

つまり人が人を呼んでくれる
――編集者はそういう「辿り力(たどりりょく)」というか、ネタを引きよせる粘り強さが不可欠です。

ここでも大切なのは、人のフトコロ、心の中に入ることの出来る、人なつっこさです。
ネタ拾いで、僕が原則としているのは「北風と太陽」の寓話で言えば、太陽の方法論かも。つまり、むりやり旅人の外套をはぎ取るのではなく、こころを温めて、その人に心の外套を脱いでもらう。でも、なかには北風タイプが得意な人はもちろんいるし、どうしても北風のように強烈なあたりをしないと、ネタを拾えないこともあります。

いずれにせよ、若いうちはとにかく経験値を上げること。スポーツで上達するためには、体力があり肉体が柔らかく強靱なうちに、練習に練習を重ねて、身体に最良最速最適の動きを覚え込ませるように、編集者の技術も、若いうちの反復練習がなにより大切です。これをサボった人間は、年をとったあとがたいへんです。技術が身体に沁みていないからあっというまに、編集者としての力量を失います。


(加藤 晴之)


編集者になるために何をすべきか。もっともっと知りたい!というあなたには、『働く、編集者』第4章「『現場』を経験する」がオススメです。インターネットで情報が容易に収集できるからこそ大切にしたい生の「現場感覚」について書かれています。

第2回

出版社に入る! 編集者になりたいあなたへ。編集の仕事をしてみたい、でもその実態は......?編集者を目指す学生さんからの疑問に、『働く、編集者』の著者であり、『週刊現代』前編集長・加藤晴之さんに答えてもらいました。

Q2
業界研究の本を読んだら、休刊誌続出、出版界の売上はマイナス成長と書いてあり、
不安になりました。でもやっぱり雑誌の仕事をやってみたい。
これからの時代、活躍できる編集者はどんな人だと思いますか。


A2
たしかに、このところ不景気なニュースばかりですね。

メディア業界も同様、いやそれ以上の大騒ぎになっているのかもしれません。
メディア自身が「新聞・テレビ複合不況」(『週刊ダイヤモンド』)なんていう大特集を組むなど、そうとう深刻に受けとめています。それもそのはず、つねに日本より一歩先をいくアメリカでは、『トリビューン』というマスメディアの老舗が倒産するなど、「休刊」「リストラ」「吸収」「レイオフ」の嵐が吹き荒れています。

インターネットが旧態依然とした経営を揺るがしているところに、金融経済の破綻が追い打ちをかけ、大不況が未曾有の大津波となってメディア界を襲っています。日本のメディアにこの大津波の衝撃が及ぶのも時間の問題でしょう。


「100年に一度の危機」という言葉を聞かない日はありませんが、ではいったい日本の100年前はどうだったのか? 19世紀末から20世紀初頭、アジアを蹂躙(じゅうりん)していた西洋近代国家の脅威にさらされた国家的危機を、薩摩・長州の下級武士など新しい勢力が、260年続いた徳川政権による幕藩体制を倒し、新政権を打ち立てて乗り越えました。

まさに100年に一度、いや蒙古襲来以来の大ピンチをチャンスに切り替えてわずか30年あまり後、超大国であったロシアを武力によって排除、18世紀以降浸食され続けたアジアの歴史を大転換するに至ります。

この大転換の主役たちは、西郷隆盛にしろ、伊藤博文にしろ、みんな若い。そして旧体制では、日の目を見なかった人々といっていいかもしれません。


大ピンチは大チャンス。しかしこの転換には、とてつもなく大きなエネルギーが必要です。そして、血のにじむような努力と勉強を重ねる。そんなことができるのは、悔しいけれど若い人たちしかいないでしょう。

いま、マスメディアを志望する人たちに必要、というか期待したいのは、

大ピンチを大チャンスにする「心・技・体」。
明治のヒーローたちが積極的に西洋の新しい技術や制度を導入したように、ITなど最新のテクノロジーを自由自在に使いこなして、旧態依然としたマスメディアに新風を吹き込んでほしいのはもちろんですが、

いちばん身につけてほしいのは、
ITやコンピュータがぜったいできないこと。
つまり、書籍や雑誌の編集現場でもはや絶滅危惧種といっていいほど少数派になってしまった、腕のいい編集者の職人仕事。

「和魂洋才」ならぬ「雑誌魂・IT才」とでもいえばいいのでしょうか。

最後にヒトコト。大ピンチが大チャンスなら、大チャンスは大ピンチ。
日露戦争の戦勝に沸いたわずか40年後、日本は戦争に敗れて、焦土と化したのですから。

(加藤 晴之)



編集者になるために何をすべきか。もっともっと知りたい!というあなたには、『働く、編集者』第2章「編集者を取り巻く環境は変化したか」がオススメです。いつの時代も変わらない編集者に求められるスキルについて書かれています。

第1回

出版社に入る! 編集者になりたいあなたへ。編集の仕事をしてみたい、でもその実態は......?編集者を目指す学生さんからの疑問に、『働く、編集者』の著者であり、『週刊現代』前編集長・加藤晴之さんに答えてもらいました。

Q1
これまでいろいろな局面で本に救われてきたので、
出版社に就職して本を作る側になりたいと思っています。
編集者に必要な資質には、どんなものがあるのでしょうか。
編集者を目指す人は、何をしたらいいでしょうか。


A1
みなさんは、「編集者」ときいてどんな人物をイメージしますか?

なかなか筆のすすまない大御所の作家の横で、
おそるおそる「先生、締め切りが迫っています」などと声をかける生真面目そうな勤め人、
あるいは、テレビドラマにもなった『働きマン』という漫画の主人公のように
週刊誌の現場で悪戦苦闘する独身女性......。

前者は、小説家の方々を担当する書籍編集者だし、
後者は、苛酷な環境のなかで日々、原稿をとったり取材活動をする雑誌編集者。
一冊丸ごと請け負う編集プロダクションで仕事をしている人もいる。

編集者は、会社や職場によって千差万別、
でも、僕がぜひこんな編集者と一緒に仕事をしたい、という人物像は共通しています。

一言で言えば人に好かれ人が好きな人。

なぜなら
編集者は人に会い、
人に仕事をお願いし、
その人とともにいい作品を仕上げ、
その作品をたくさんの人に届けるのが仕事です。

そのためになにをすべきか? 

答えは生前、作家の開高健さんが唱えていた「編集者マグナカルタ九章」に譲ります。
曰く、

一、読め。

二、耳をたてろ。

三、目を開いたまま眠れ。

四、右足で一歩一歩歩きつつ、左足で跳べ。

五、トラブルを歓迎しろ。

六、遊べ。

七、飲め。

八、抱け、抱かれろ。

九、森羅万象に多情多恨たれ。

補遺一つ。女に泣かされろ。

いかがですか? 編集者稼業をはじめて二十八年、たくさんの後悔と少しだけの安堵をもって、僕はいまこの言葉の重みを受けとめています。

(加藤 晴之)


編集者になるために何をすべきか。もっともっと知りたい!というあなたには、『働く、編集者』第1章「職業編集者とはなにか」がオススメです。編集者とライターの関係、「勝ち組」編集者と「負け組」編集者について書かれています。

教育講座

カテゴリー